5・「呆けても新しい記憶が出来る」ことを学ぶ
演歌なら憶えられる
 天使のような、ヘルパーさんの交代です。
 福祉サービス協会の内部規定で、ヘルパーさんは半年毎に交代だそうです。二人目のヘルパーさんがお出でになりました。最初の人のように上手く行けば好いのにと、私は心の中で祈っていました。
 そんな或る日、妻が演歌を歌っています。私の心配は不必要でした。
 ヘルパーYさんは、演歌が大好きで、カラオケに通っていると言うヘルパーさんです。
 妻は演歌を教わり、次々と演歌を憶えて歌います。私は演歌のテープも購入しました。
次々と新しい演歌を憶える
 『北国の春』『星影のワルツ』『北の宿』『好きになった人』「時の流れに身をまかせ」「川の流れのように」と次々と歌います。私は喜びと同時に、耳を疑いました。
 妻は、唱歌は兎も角、それまで演歌を口にしているのを、聞いたことがありません。
演歌を憶えた。「呆けても新しい記憶が出来た。」本物かどうか、確かめたくなりました。
 その頃流行していたテレサ・テンの『時の流れに身をまかせ』のテープを購入しました。新しく記憶が出来歌えます。美空ひばりの「川の流れのように」のテープを購入して歌い始めます。やはり記憶が出来、歌えます。
 私は、感動、感動の日々が続きました。
 記憶泥棒に侵され、記憶を奪われ続けていた妻が、その一方で新しい記憶が出来たのです。私の最初の大発見でした。脳の残存機能の保持、活性化の意味を始めて感じ取りました。
 その頃も、NHKで毎週月曜に歌謡番組がありました。二人は、毎週その番組を見るのが楽しみでした。その上ビデオに収録して、繰り返し、繰り返し毎日のように見るようになります。
 歌番組のビデオは既に百巻を超えています。
                                  
脳の残存機能の活性化
 記憶泥棒に侵された部分から、脳は変性し、死滅し、脳の機能は確実に失われていくのでしょう。
しかしまだ記憶泥棒に侵されていない部分があることを忘れていました。健康な脳の部分があることを改めて知らされました。
 唱歌、演歌が、残された脳の機能が健在だと教えてくれたのです。一部分だけかも知れませんが、記憶、保持、想起も可能なのです。
 唱歌・演歌を歌いだしてから、不安・焦燥・抑うつ症状は少なくなりました。情緒も安定していて、心も豊かになっています。
二人の生活が前向きになった
 93年8月、白内障の手術を受けたのも成功でした。視力が回復し、花を見ても「綺麗、綺麗」と歓声をあげています。
四季折々の花を求めて、散策も楽しみの一つになりました。娘の一部介助で、洋裁も弾むようになります。唱歌・演歌以外に、私も何か新しい記憶が出来ないかと挑戦してみました。
折り紙・編み物・刺し子・謡・カラオケ・俳画・習字など、思いつくままに挑戦してみました。幸い妻は、受身でしたが、なんでも積極的でした。
 介護者が、かたわらで相手をしてくれることに満足しているのでしょう。かたわらから離れると作業は止めることが多く、一人でコツコツとやるのは無理のようです。傍らで相手する私が、何も出来ないのには弱りました。しかし『刺し子』は何とか続けられました。布巾から始まり、暖簾、座布団カバー、壁掛けと数年続けられました。
 98年9月が最後の作品です。多くの作品が今でも壁に貼り付けてあります。
 唱歌・演歌を手始めに、私は妻と一緒に行動する必要性を学びました。一緒に行動し、一緒に歩いているときは、情緒は安定していて、痴呆の進行もゆっくりしているように感じていました。
(2000年の老々介護日誌より)

二人で画いた朝顔です。
目次ページに戻る
次のページへ