「在宅ケアらしさ」は何処まで確保できるか

44・早朝・夜間・深夜の介護サービスを求めて

5年間も我慢を強いられる

 京都の在宅介護サービスは、日進月歩年々良くなるものと期待していましたが、残念ながら期待は裏切られて来ました。特に早朝、夜間、深夜の介護サービスは、営業していないと言う口実で、断られてきました。
 しかし妻が重度の障害になってからは、私が一人では、介護できないことが増える一方です。特に「ウンコとシッコ」の排泄ケアは、必要な介護サービスは受けられないままに我慢に我慢を重ねてきました。
 失禁のケアで始まり、失禁のケアで終わる日々は、1998年からでした。私がお願いしている「京都福祉サービス協会」は、当時は早朝8時から、夕方5時までの介護サービスしか受けられませんでした。やむなく、所謂「オムツ漬け」を選択してしまいました。
 2000年4月、介護保険制度による介護サービスが始まり、いよいよ早朝・夜間・深夜の介護サービスが受けられるものと期待していました。
 しかしその期待は、裏切られました。早朝は7時半から、夕方7時までは、僅かに営業時間が拡大されましたが、今も無視されたままです。
 行政指導がなされていない為か、介護サービスを提供する業者任せのようです。
 私の契約している「京都福祉サービス協会」は、3000人以上のヘルパーを抱えている事業所ですが、採算が合わない。ヘルパーの確保が難しい。のが理由のようです。今年こそはと、毎年要望していますが、今年も聞き入れてもらえませんでした。
 「ケアマネ」にお願いして、他の業者にもお願いしてもらいましたが、いずれも営業しているところがなく、断り続けられてきました。
 「オムツ漬け」は失禁の都度、不快な思いの連続です。この数年オムツからはみでる「便漏れ」「尿漏れ」で泣かされてきました。その上「オムツかぶれ」の繰り返しです。体験している者しか分らない、苦労と「ストレス」です。君子には悪いことをしていると、心の中では謝っていました。


天の恵み

 業者は兎も角、支えてくださるヘルパーさんは、素晴しい人ばかりでした。「便漏れ」「尿漏れ」の都度、嫌な顔一つ見せず、いつも「笑顔」で入浴や、シャワー浴をしてくださいました。
 早朝、夜間、深夜の介護サービスの必要性を理解してくださるヘルパーさんは、私の思いに共感してくださいます。
 私の思いに共感してくださった一人のヘルパーさんが、昨年4月新しい介護サービスの事業所を立ち上げ、早朝7時の介護サービスを始めてくれました。
 昨年9月から、「コムスン」の事業所が、早朝6時と夜間20時の介護サービスを引き受けてくれました。
 しかし、長くは続きませんでした。これらの事業所は、派遣要員の欠員を理由に、数ヶ月の介護サービスで終わりました。
 ところが昨年9月になって、苦労された在宅介護体験者で、介護サービスの不備に怒りを堪え切れずに、自らが事業を立ち上げた人に廻り合えました。
その人は、自ら事業の認可手続をなさって、事業許可が下り次第、介護サービスを引き受けてやろうと言うのです。
 幸いにも、今年の3月1日から「利用者本位の介護サービス」を始められ声をかけて貰えました。早速、契約しました。
 眠っている時間帯の介護サービスは、中止し、起きている時間帯の介護サービスの思いが叶う介護サービスの実現です。
 早朝4時、8時、13時、16時、夜間20時、深夜23時30分の1日6回の介助によるポータブルトイレへの誘導が確保されました。

95パーセントまでが、自然排便に

 今年の3月1日以来、私も思いが叶えられました。夢のような日々を迎えています。
 1日に、5回乃至6回「ウンコもシッコ」もポータブルトイレに誘導しています。オムツはずしへの挑戦です。オムツが汚されていません。感動、感動の連続です。その都度記録しています。その記録はその後の推移を客観的に証明してくれています。
 驚き、驚きの連続です。失禁、失禁と奪われしまった排泄機能と、半ば諦めていたその排泄機能が、まだまだ健在だったのです。
 この数字を見る限り、よく食べて、よく飲んでいることも確認できます。「ウンコ」の量も、「シッコ」の量も満足です。側近の7月では、「ウンコ」の失禁は、僅かに5%にまで減少しています。ポータブルトイレでの自立排便が95%、まだ機能は健在なのです。
「シッコ」の失禁も40%にまで、減少しました。ポータブルトイレでの自立排尿は60%まで改善しています。

2006年度の「ウンコとシッコ」月別の推移

パット内尿 P/T内尿 尿の合計 パット内便 P/T内便 便の合計
1 19468 15158 34626 875 3119 3994
2 15675 15255 30930 1270 3327 4597
3 15835 19690 35525 650 5740 6390
4 10420 23205 33625 330 5756 6086
5 13830 22495 36325 700 4890 5590
6 16335 20215 36550 865 5045 5910
7 16290 23980 40270 265 5515 5780



オムツの使用量が少なくなる

 「眠っている時間帯は、寝かせておいて、起きている時間帯に、必要な支えをする」のケアプランは、驚くべき展開になりました。
 まず「シッコとウンコ」のケアは、毎回15分間ポータブルトイレに誘導しました。
 3月16日「シッコもウンコ」もオムツの中での失禁は皆無でした。座るたびにポータブルトイレの中で排泄されています。シッコの量は880、ウンコの量は150と記録されています。
 オムツの中での失禁が少なくなるので、当然オムツの使用量は少なくなります。特に夜用に試用していた、夜用の尿パットとテープ止めオムツがいらなくなりました。
 3月、4月と夢のような「今日一日を共に生きる」旅を繰り返すことができました。

心地よい快音が響く

 ありがたいことです。1日6回抱えてポータブルトイレに座らせるだけで、「シッコとウンコ」の自立性が甦ってきているのです。座らせると間もなくして「シッコ」がポータブルトイレに落ちている音が聞こえてきます。暫くすると、こんどは「ウンコ」が落ちた音が聞こえてくるのです。毎日繰り返すためか、足腰も鍛えられているようです。反応が心もちよくなってきているように感じられます。
 上手く行かないときの、手立ても幾つか発見です。「シッコ」を促す「ツボ」の発見です。まず「仙骨部」を押えると、腹筋に力が加わり、残された「シッコ」が出てきます。また水分補給の目的で、「ほうじ茶ゼリー」を口に入れていますが、一口か二口入れてやると「シッコ」が音を立てて出ています。
 ポータブルトイレへの誘導に挑戦して、1年が過ぎましたが、今も心地よい快音が響いています。

2006年8月11日更新

トップページに戻る   次のページヘ