40・ウンコとシッコの排泄ケア

1日4回の排泄ケア

 ウンコとシッコの排泄ケアの続報です。半ば諦めていた排泄ケアが、面白い展開になってきました。失禁に始まり、失禁で終わる暮らしは1999年に始まっていますのでもう7年目になります。。最初の1年は、オムツをしながらも、トイレ誘導ができ、排泄が可能でしたが、それもだめになり「24時間オムツ漬け」で暮らしてきました。
 オムツに依存する「オムツ漬け」は、許されない失敗でした。トイレが駄目なら、ポータブルトイレを利用すべきでした。早朝と夜間派遣してくれない介護サービスの業者の都合を考えてのこととは言え、私の認識の甘さでした。
 この長い間、君子はきっと辛い思いを、ずっと我慢させられてきたのでしょう。ウンコも、オシッコはオムツからあふれ、ウンコ漏れ、シッコ漏れを繰り返していました。加えて、オムツかぶれの繰り返しでした。悪いことをしていたと、今は心で誤っています。
 2004年9月、ケアマネに、ポータブルトイレの使用の実績が評価してもらえて、1日3回の排泄ケアから、1日4回の排泄ケアに順次移行してもらえました。
 早朝7時半、11時、14時、17時半の4回です。ウンコ漏れの激しい時は、入浴か、シャワー浴をお願いしました。

残存機能が甦る

 驚きと、喜びの連続です。1日4回にしてもらって、ウンコ、シッコの排泄機能は、順調に回復しています。早朝の7時半は、殆どがオムツの中か、オムツから溢れてのウンコ漏れか、シッコ漏れですが、11時と14時はオムツが汚れてない時が多く、ポーブルトイレへの快音が聞こえて来ます。17時半は、中途半端な時間帯なのか、オムツの中に既に出ています。

今年二度目の入院

 2005年8月13日の深夜1時、君子はうつ伏せになってもだえ、苦しそうにしています。熱が38度もあります。アイスノンで冷やしていましたが、体を左右にゆさぶり続けています。何処が痛むのか、言葉で伝えられないので、心配しました。その日に入院、胆石症と胆のう炎との診断でした。
 最初の1日は、入院中もひどく苦しみましたが、その後は順調に回復しました。
 実はこの入院中にウンコ、シッコの排泄ケアにつぃての新たな発見です。入院中も「オムツはずし」の継続を期待しました。病棟の看護師さんは、やはり「オムツ」で対応される心算のようでした。しかし特にお願いして、昼の間だけでも、ポータブルトイレでの排泄ケアをケアプランに取り入れてもらいました。
 点滴で水分を入れていたこともあって、7日間の入院中の最初の3日間は、既にベットでのシッコ漏れが多く、衣類、シーツが度々汚染していました。日中には、ポータブルトイレに座らせてもらいますが、皆さん初体験のようで、立ち座りの移動だけで、シッコ漏れ、ウンコ漏れで、下着と、床が汚れて大変でした。
 しかし、さすが看護師さん、トイレ誘導の時間を食餌と点滴に合わせて工夫してくれました。後の3日間は、見事に的中。その都度、ポータブルトイレでの排泄が実現していました。

1日5回の排泄ケアが実現

 入院中の排泄ケアの失敗と成功が、とても参考になりました。
 排泄時間を工夫することで、「オムツはずし」はさらに成功する可能性があります。
 京都福祉サービス協会からの介護サービスは、7時30分から、19時までなので、他の業者にも依存することを考えました。
 9月から、1日4回の排泄ケアを、1日5回のウンコとシッコの排泄ケアが実現できるように、Tケアマネージャにお願いしました。介護サービスは、協会だけでなく「しんらい」「コムスン」と3つの介護サービス業から派遣していただくようになりました。
 早朝6時と20時が受け入れられ、11時、14時、16時30分、と新たなスタートとなりました。新しいヘルパーさんも、ウンコとシッコの排泄ケアプランを理解していただき、少しづつ慣れて頂いています

ウンコとシッコの1ヶ月

オムツの中の尿 ポータブルトイレの中での尿 オムツの中での便 ポータブルトイレの中での便
2004年9月 22645g 6055g 5370g 345g
2005年9月 19350g 13140g 1125g 4260g

 夢を見ているようです。ウンコとシッコの排泄機能はまだ残っていました。計量して記録がしてありますので、1年前と比較してみました。ウンコはオムツの中ばかりから、ほぼ完璧に近くポータブルトイレでの排泄に移行しています。
 シッコは今一つですが、それでも1年前の倍以上ポータブルトイレの中で排泄しています。
 ウンコとシッコの「24時間オムツ漬け」という排泄ケアは、間違つたケアだったと認識できました。君子には申し訳なかったと誤っています。トイレ誘導が駄目になれば、次はポータブルトイレを使ったウンコとシッコの排泄ケアに移行するのが、本人の希望に添った正しいケアだと改めて学んでいます。

2005年10月24日更新

トップページに戻る   次のページヘ