38・不明熱、床ずれ、オムツかぶれと試練がつづく

不明熱が繰り返され心を痛める

 微熱は残っていましたが、退院して様子を見ていました。ところが3月31日木曜日。早朝いつものように「抱えて起こし」ますが、起きてくれません。朝食は何とか食べてくれましたが、昼食は食べてくれません。体温計は,37度4分まで上がっています。
 同じ失敗をしないようにと、往診を依頼して、採血してもらい、点滴を受けました。
 4月1日、3日、4日と同様の往診で、点滴を続けていただきました。
 昨年までは、植物園の櫻の花見を楽しみにしていましたのに、今年は残念です。何による熱か原因不明なので、心を痛めていました。

肝機能の異常値に心を痛める

 4月5日火曜日の午後、往診をしてもらった日は、特に体調は不良でした。昼食も食べていなく、血圧が極端に低く、心配していただいて、再び採血して検査をしてくださいました。
その結果が、ALP964
GOT1232 GPT1550 と通常の10倍以上の異常値でした。
 次の日も、37度8分まで熱があり、病院で、CTの検査を受けました。
結果は、特に心配する異常所見は無いとのことでした。
 それならば、何による肝機能の異常でしょう。黄疸は出ていません。心を痛める日々が続きました。

 抗生物質による副作用も否定できませんので、抗生物質を避けての治療を続けてもらいました。

肝機能の異常値は軽減

 有り難いことに、37度前後の微熱は、今も続いていますが、4月21日を境に、食欲は改善。よく食べ、よく飲んでくれるようになりました。笑顔も、戻ってきました。
 お陰で肝機能の検査結果は、表のように改善しています。

肝機能検査の推移

年月日 CRP ALP GOT GPT CPK Alb
正常範囲 0.40以下 110-354 5-40 3-40 40-120 3.5-5.0
05.3.31 0.81 356   93 87 47 3.6
05.4.5 0.99 964 1232 1550 102 3.8
05.4.8 0.62 1051  793 1123 40 3.1
05.4.14 0.72 829 157 353 50 3.3
05.4.21 0.44 578 56 94 32 3.8
05.5.6 0.45 386 25 19 48 3.5

再び褥瘡(床ずれ) 

 4月15日、前回3月4日に出来た、右腸骨部の褥瘡の治っていた部分に、新たに水泡が発見されました。看護師さんに、「ラップ」を貼り付けてもらいましたが、君子の体力が無くなってきているのではと、かなりショックを受けました。
 次々と、褥瘡が出来てくるようなれば、困ります。
 4月18日、早速訪問看護師さんのアドバイスで、150mmの厚さのマットレス・スーパーウエルをレンタルで使用しています。
 水泡は破れて、出血していました。ゲーベンクリームで処置しました。新しい褥瘡は、10日程で治りました。今は床ずれは、ありません。

オムツかぶれによる出血

 4月28日、29日、5月1日と、三日間もオムツかぶれによる出血がありました。今までにオムツかぶれは、度々ありましたが、出血したことはありません。またまた、心を痛めました。
 熱が、繰り返されているため、入浴とシャワーを取りやめていたのが、要因でしょう。
 一週間に12名のヘルパーさんが、交代で排泄ケアをしてくださいます。ヘルパーさんには、オムツ交換の都度、清拭をお願いしていますが、それだけではだめのようでした。
 取りあえず、シャワーで洗い流してと、その日のヘルパーさんにお願いしましたが、ケアプランに入っていないと断られました。とても残念でした。
 しかたなく、連休明けの5月6日、ケアマネにお願いしました。新たに入浴か、シャワー浴を含む「オムツかぶれを少なくするためのケアプラン」を作って欲しいと。
 お陰で5月10日から、必要と思われるとき、一日一回、シャワー浴が出来るようなポイントサービスが受けられそうです。
 数回の入浴とシャワー浴だけで、オムツかぶれは、なくなりました。
 元気が戻ったのか、君子は嬉しそうに浴槽に入っています。

 2005年5月13日更新

トップに戻る   次のページへ